top of page
Oblique

Oblique

林恭正+熊谷和

設計:林恭正+熊谷和
施主:星野家
写真撮影:ArchTank
所在地: 神奈川県 横浜市
用途:DJブース

- Oblique -


ある夫婦の住宅に置く、DJと在宅ワークが共存する2.4mのカウンターの設計である。


天板の壁柱となる部材を斜めに傾けることで、レコードのジャケットをインテリアの一部として可視化すると同時に、水平方向の外力を壁に伝達し安定性を確保した。

黒を基調とするターンテーブルやミキサーの配置スペースには黒塗装を施し、カウンターと機材を一体型のデザインとした。

天板のボックス形状は中空構造としスピーカーの音を響かせる「共鳴箱」としての役割も担う。


趣味趣向が共存する夫婦のカタチとしての家具となることを目指す。



We designed a furniture of a 2.4-meter counter that accommodates both DJing and remote work in a couple's home.


By tilting the structural member that serves as the countertop's wall pillar diagonally,

we visualized record jackets as part of the interior while also transferring horizontal external forces to the wall,

ensuring stability.

The spaces for turntables and mixers, predominantly black, were painted black to blend seamlessly with the counter,

creating an integrated design with the equipment.

The box-shaped countertop features a hollow structure, acting as a resonating chamber to enhance the sound of speakers.


Our aim is to create furniture that embodies the hobbies and Identity of a couple.

Design : Yasumasa Hayashi + Nagi Kumagai
Client : Hoshino
Photo : ArchTank
Location : Yokohama City, Kanagawa Prefecture
Main use : DJ Booth

bottom of page